別れ際に心を掴むテクニック

rankingshare-0b10ed9088e311e4870106cfc7d1632baecb00054e20bb3431.jpg
今回は前回から引き続き、『別れ際にまた会いたいと思わせる』テクニックの解説をしたいと思います。 

まず、男心をくすぐる3つの要素というものがあります。

「抱きしめる」「キスをする」「別れ惜しい言葉」

この3つを意識して、お客さんと別れて帰るのが名残惜しそうにして下さい。

お客様と別れる場所にもよるので一概にこうだと言えませんが、1つのパターンとして、

女性「そろそろ帰るね」

お客様「うん、またね」

ふいに後ろからギュッと抱きしめる。

女性「抱きしめたかったから」

しばらく余韻に浸りながら顔を近づけてほっぺにチュウをする。

女性「今日は楽しかったです。また楽しもうね」

などと、感謝の気持ちを言葉を添えてお別れをする。

冒頭の3つの要素を意識して組み合わせてみて下さい。

こんな感じにされると、お客様は平静を装いながらも、心の中ではかなり嬉しくて動揺しまくり状態になります。

「良い子だな~」
「本当に恋人みたいだな~」
「俺に気があるんじゃないか」

という気持ちで昂ぶり感情が揺さぶられます。

これが大事なポイントです!
接客した時だけじゃなく別れてからどれだけ余韻を残せるかが勝負です。

「元気がなくなった時」「嫌なことがあった時」「自分の話を聞いてほしい時」などテンションが低くなった時などに、また会いたいと貴女のことを思い出してくれるようになります。

印象に残ってなかったり思い出してくれなかったら、会った時のことをすっかり忘れてしまって、「今度は誰呼ぼうかな」と、意識はすっかり別の女性に移ってしまうことでしょう。

また、最もしてはいけないのはこんなパターンです。

時間だからといって、そそくさと身支度をして後片付けをして、別れの挨拶もそこそこにお客さんと別れる。

こんな場合だと「なんか空しい」とお客様は寂しい気持ちになってまた会いたいとは思ってくれません。

寂しい思いを埋めてほしくて、汗を流して働いて貯めたお金を奮発して使ったのに、損した気持ちになってしまうからです。

別れ際の印象一つで大きく気持ちが違ってくるんです。
その心理を理解する必要があります。

お客様の気持ちを1つでも2つでも知ることによって、お仕事の入りに直結して稼げる金額が大きく違ってきます。

是非、試してみてくださいね。