世の中の人妻需要は半端ない!!

6768ef7a.jpg
毎月、月頭、お店の待合室に置くための雑誌を買いに行きます。

ファッション誌から車、グルメ、経済、エンターテイメント、ゴシップ誌など様々な種類のものを25~30冊ほど揃えてます。

それとは別に、やはり風俗店として必要だろうと思うのでエロ雑誌も購入します。
これは近所のコンビニで買うのですが・・・、まぁ、売り場面積が広いですね。

その中でも、『人妻系のエロ雑誌』が6割も占めていたんです。

この状況を見た時に世の中の男性が求めてる女性像をリアルに想像してしまいました。

人妻に需要があるということの根拠を知っておくと、「若くないからダメかな」とマイナスに思う必要は全くないことが分かります。 

「人妻のエロ本が置いてある」

たったこれだけのことからも、男性から求められてることが分かります。

コンビニのスペースは限りがあるし売れるものしか置いてないからです。

選別をクリアした上で並べられてるということは、『人妻』にすごく需要がある。要は売れるということになります。

エッチする相手は旦那さんだけのはずなのに、他人の妻といけないことしてると想像しただけで性欲が刺激されるし、あわよくば、そんな状態になりたいという願望が頭の中を渦巻いているんです。

架空とはいえ、願望を満たしてくれるのがエロ本という形になっているとも言えます。 

かといって、人妻風俗で働くとなると話は別で、「私にもできるかな」と不安な気持ちばかり大きくなって何か月、何年も悩んでしまいますよね。

例えば、体型のことやサービスのことなどいろいろ気になるとは思うんですが「やってみないと分からない」というのも事実じゃないでしょうか。

当店の女性でも「働くまでにすごく悩んでいたんだけど実際に働き始めると意外に大丈夫」という感想は多いです。

モデルのような体型じゃなくてもお客様は受け入れてくれるし、妊娠線があったほうが人妻感が出てていい、という方もいます。

会話やプレイに自信がなくてもいざ接客してみると意外にいけるものです。

頭で考えてるだけじゃなかなか結論が出ないしできるかできないかも分かりません。

また、自覚がなくても若い女性にはない包容力みたいなものもあるので、それだけで十分に魅力的なんです。

そんな感じなので、実は「人妻に魅力を感じる男性は想像以上」の数なんです。
人妻風俗で働くのも貴女が思っている以上に、ハードルが低いんです。

ちょっと「やってみようかな」っていう気になってきませんか?
当店なら創業14年の実績とノウハウを生かして、万全のサポートをさせて頂きます。

お気軽にご連絡くださいね。