不感症だと風俗では働けない?

不感症 風俗の仕事の不安を解決!!
不感症

女性の中には、「私ってもしかして不感症かも?」という自覚がある方もいるかと思います。不感症の方でも風俗で働く分には全然問題ないのですが、不感症という理由で風俗で働くことに対して躊躇ってしまう方もいるかもしれません。

そこで、今回は不感症の改善方法と不感症の方の風俗での働き方についてご紹介致します。

【不感症でもこうすれば大丈夫】

不感症の方が感じる、性行為に対しての問題

まず、問題なのは、不感症の方が性行為に対して感じてしまいがちなのが、プライベートでの性行為の際に感じている振りをしたり、自分自身が性行為によっての快感を得られないため、相手のことが本当に好きなのか?という疑問を抱いてしまうことから、性行為に対しての興味が湧きにくくなってしまうということです。

そんな事情がある為、不感症の方が風俗で働くか否かを考えた時、「男性の気持ちに上手に応えてあげることができないかも」という気持ちから、風俗でのお仕事を敬遠しがちの傾向があります。

 

不感症の女性は演技力を大切に

ところが、実際には不感症でも風俗で働いている女性はたくさんいて、むしろ、風俗のお仕事に対して快感を求めて働いている風俗嬢は少ないと考えられます。

自分の快感を求めるのではなく、どうやったらお客様に喜んでもらえるか?ということを考えるのが風俗で稼ぐためには大切になります。なので、不感症の方でも演技さえできれば十分稼ぐことができるので、まったく問題ありません。

実際のところ、プライベートでの性行為やお仕事での性行為の際に、演技している女性はかなり多いという調査結果もあります。

イッた振りをしたり、少し大げさなくらいに喘ぎ声を出したりなど、お仕事はお仕事と割り切って演技できれば、お客様も満足して再び指名してくれる可能性も高くなります。

「演技だと思われるんじゃ・・・」と心配になるかもしれませんが、男性の多くはまだまだアダルトビデオなどの影響を受けています。つまり、アダルトビデオで見たとおりにすれば女性は感じると思っている方も多いということです。また、女性の感じている様子も同様にアダルトビデオと比べています。

なので、反応が薄いよりは少し大げさなくらいの方が、風俗という遊びを楽しんで満足してくれると思います。

 

不感症は改善できる

不感症は生まれつきのものではなく、大抵の場合は自分次第で改善することができます。治療や改善に向けて頑張ろうとする女性ならきっと改善できると思いますので、頑張りましょう。

例えば、不感症には女性ホルモンが大きく関わっているとされているので、日頃から女性ホルモンをアップさせる効果がある食事を心がけたり、オナニーをすることによって不感症の改善にもつながるそうです。また、自律神経の乱れが不感症の原因となっている場合もあります。半身浴をする、朝日など日光を浴びる、深呼吸をする、軽めの運動をすることで解決できることもあるので、試してみて下さい。



以上、いかがでしたか。
もし、今現在、不感症で悩んでいたとしても、それが風俗で働けない理由にはなりえません。不感症ということで風俗で働くことを躊躇っているのなら、心配は無用です。是非お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

☆お問い合わせ☆
大阪・梅田の人妻ホテルヘルス『アバンチュール』求人に関するお問い合わせは下記でお願いします。

お電話

フリーダイヤル 0120-770-323

メール

LINE ID

tsumamigui-umeda

公式ホームページ
求人 http://www.tsumamigui.net/

営業 http://www.tsumamigui.tv/

30代40代の女性が主役のお店です。
他店で稼げなかった方、スタッフに不信感を持ってしまった方、アバンチュールなら貴女の不満をきっと解消できます。

週1日でも、1日2時間くらいでも全然大丈夫。
貴女の都合のいいお時間でお仕事をしてください。

その他、気になる点やお悩みなどどんなに些細な事でも構いません。
お気軽に質問してくださいね。