より効果的になる写真の撮り方のポイント5つ

se25kup1.jpg
いくら書いても書き足りない、写メ日記。今回は写メ日記に使う写真のポイントを5つ紹介します。

まず、最初に写メ日記を見る人の目的を考えてみましょう。
写メ日記を見る男性客の目的は「その女の子がどんな子なのか知りたい」からです。

通常、HP上の写真には顔にモザイクがかかっていたり、スタイルも修整されていることが多いので、お客様サイドとしては、少しでも正確な情報が欲しいんです。

暗黙の了解で、風俗業界の写真は多少は盛ったりしているものという認識がお客様にもありますが、それでもHPの写真やパネルの写真はとっても可愛いのに、いざ遊んでみたら「顔が全然違った!」「接客が地雷対応だった!」なんて結果は避けたいのです。

風俗遊びは決して安い金額ではありません。そんな大人のお遊びですから「出来るだけ自分の好みの女の子と遊びたい」というのが男性の本音です。そういった理由で、女性の顔や体型、雰囲気、性格などを写メ日記で知りたいのです。

ここまで重要とされる写メ日記の写真をおざなりにしてはいけません。
今日、紹介するポイントを押さえるだけでも大分変ってきます。早速紹介していきたいと思います。



【より効果的にする写真のポイント5つ】
男性だけでなく、女性が親近感の沸く写真が人気のようです。
女性目線で見ても、可愛い・綺麗!と感じる写真は当然男性ウケも良いです。

その1:自撮りで顔の雰囲気が分かる写真
何といっても断然人気になるのはコレです。お客様は女性の素顔を一番見たいのです。でも、顔を全部出すのは抵抗がありますよね。そんな時はスタンプなどで部分的に隠してしまいましょう!また、目元・口元だけでも非常に効果があります。

その2:露出のあるショット
こちらも自撮りで、胸元や際どい写メが人気です。俗にいう『エロ写メ』ですね。ただ、あまりに過激な写真を投稿すると、画像や日記自体が削除されたりするのでバランスが大事です。反応を見ながら調整することが必要です。

その3:日常の風景
「〇〇にハマっています」「〇〇へ行ってきました!」などプライベート写真をたまに載せると、親近感を持って貰えます♪貴女が普段何をしているのかがわかる事で嬉しくなるお客様もいます。注意点として、男性の影を感じさせるようなお客様を不安にさせるような写メは止めましょう。また、出先の写真を載せる際はリアルタイムではなく、数日経ってから載せる方が身バレ防止の面でも安全です。

その4:私服の写真
これも親近感を持ってもらうのが狙いです。洋服の雰囲気で「こんな感じの女性かな」という想像が膨らみます。ただし、奇抜で個性的すぎるファッションを載せると逆効果になりますので注意してください。

その5:毎日撮り下ろしの写真
過去の写真の使い回しは「またこの写真か…」と目に留まりにくいです。もっと言えば「見ても見なくても同じ」と思われてしまいます。たかが写メ日記と思うかもしれませんが、女性が思っている以上によく見られているものです。常に新しい写真を用意できるよう頑張ってください。



以上、5つのポイントに注意して、まずは一ヵ月くらい写メ日記をアップしてみてください。きっとなにかしらの反応は得られるはずです。頑張れば頑張っただけ稼げるのが風俗のお仕事のいい点です。

もし貴女が「全然稼げない」「このお店、暇過ぎ」と嘆いているのでしたら、自分でも出来る努力は惜しまずしてみてください。

当店なら、写メ日記の相談も気軽に受け付けてますので、ちょっと気になって頂けたらお問合せ頂けると嬉しいです。